中古車査定のイエローブックとは?

車の豆知識

中古車のイエローブックとは?

車の価値は、年式や色などによって、だいたい相場が決まっているのを知っていますか?

どの車買取業者に買い取ってもらうか、どのディーラーに下取りをしてもらうかで、査定額が全然違うこともありますが、だいたいの相場というのは、中古車市場の中で決まっています。中古車査定のイエローブックとは、この車の価値の相場を掲載している本なんです。

中古車査定のイエローブック

girl-reading-a-notebookPhoto via Visual hunt

この中古車査定のイエローブックは、一般社団法人日本自動車査定協会という協会が発行している、中古車買取価格の相場を知るためのガイドブックです。他にも、中古車の購入価格の相場を知るためのシルバーブックと呼ばれるものもあります。

中古車の売り買いは、相場を知っておかないと大損をしてしまうこともあるので、前もって相場を知っておくことはとても大切です。シルバーブックは、中古車を購入するときに役に立つツールとして、また、イエローブックは、車を売るときに役に立つのツールとして、便利なガイドブックなんです。

実はこの相場を知るためのシルバーブックとイエローブックは、一般社団法人日本自動車査定協会から購入することができるのです。

購入なのでお金はかかりますが、前もって相場を知っておくために便利なガイドブックなので、中古車の売却・購入を考えている人は、購入しておいて損はないです。1冊1000円ほどで購入できるので、損をしないためにも、余裕のある人は購入してみてください。

イエローブックを活用してネット査定

man-person-clouds-applePhoto via Visualhunt.com

イエローブックは、あなたの車を高く買い取ってもらうために役に立つガイドブックですが、活用方法はいろいろあります。イエローブックの活用方法の一つが、ネット査定で車買取業車に目星をつける方法です。

イエローブックを見て、自分の車の相場を調べて、どれくらいの査定額がつけられるか、あらかじめ目星をつけておきます。目星をつけたところで、ネット上で車の査定を申し込み、どの買取業者が予想をした査定額よりも高い査定額を提示してきているのかをチェックし、高い査定額を出してきた車買取業者と、査定の交渉を進めていく方法です。相場を知らなくても査定はできますが、イエローブックで相場を知っておくことで、車買取業者の絞り込みが楽になります。また、相場を知っておくことで、車買取業者との交渉でも役に立ちます。

ただ、この方法で一つ注意するべき点があります。それは、予想していた査定額よりも大幅に高い金額を提示してきた車買取業者がいた場合は、慎重に判断すべきということです。

車買取業者によって、大きく査定額が違うこともありますが、ネット査定の場合は、実車査定ではなく、情報のみの査定なので、確実な査定額ではありません。そのため、かなり高い査定額を提示してきた車買取業者は、交渉に進みたいからとりあえず高い査定額を提示してきているケースもあります。

こうした車買取業者の中には、高い査定額を提示しておきながら、いざ交渉に入ると、他よりも査定額を安くして提示してくる、悪質な車買取業者も存在します。ネットの査定は便利なシステムですが、こうしたケースもあるので、ネット査定を使うときは、信用しすぎないということを意識して、うまく活用しましょう。

車、乗り替えるならかしこく売りませんか?

「今の車も長く乗って故障も増えてきたし、そろそろ乗り替えかな」
「子供も生まれるし、そろそろ普通自動車に乗り替えようかな」

新しい車に乗り替えるときって、だいたいディーラーに売ってしまいますよね。

それ、実は安く買取されてしまう可能性があります!

ディーラーは車を売ることが仕事で、車の買取を専門にしているわけではありません。

車をできるだけ高く売るなら、買取専門のところに売るのが一番!

カーセンサー.net簡単ネット査定を利用すれば、90秒で複数の車買取専門業者にあなたの車の価値を見てもらうための依頼ができます。

・ディーラーよりも高く売れるかも
・たった90秒でインターネットで査定依頼ができる
・わざわざ買取業者を探す手間が省ける
・複数の車買取業者の見積もりを比較できる

カーセンサー.net簡単ネット査定には、こんなメリットがあります。

もちろん、ディーラーの方が手軽に売れますが、売るならできるだけ高く売る方が、奥さんにも喜んでもらえるし、家計にとっても助かりますよね!

新しい車を買うための足しにするためにも、大切な車をかしこく高く売ってあげましょう!

車の豆知識
kurumapをフォローする
くるまっぷ ー 車買取・一括査定・車の手続きなどについて詳しく解説

コメント