車(エンジン)のオーバーヒートについてー症状や原因・修理費用・対処法をわかりやすく解説!

車の修理・故障

車がオーバーヒートしていることに気づかず走り続けてしまうと、エンジンに深刻なダメージを与えてしまうことになります。

オーバーヒートを起こすと、ヘッドガスケット抜けなど、他のトラブルの原因になってしまいます。

車のエンジンのオーバーヒートって何?

車のエンジンがオーバーヒートを起こした状態とは、エンジンが高熱になった状態のことです。

本来、車のエンジンは冷却水などの力で高熱にならないように調整されていますが、何らかの原因でこの調整がうまくいかなくなると、エンジンの温度がどんどん上がって、オーバーヒートの状態になってしまいます。

車のエンジンがオーバーヒートを起こしていることに気づかず、そのまま乗り続けてしまうと、エンジンが焼き付きを起こしたりして、最悪の場合、エンジンを載せ替える大掛かりな修理が必要になってしまいます。

エンジンの載せ替えは、車の修理の中でも最も高い修理費がかかる修理の一つです。

最低でも数十万円の出費は覚悟しておく必要がありますし、珍しい車種や年式の古い車などは、下手をすると、100万円以上の修理費用が必要になることもありえます。

かなり痛い出費になることは間違いなしです。

こうしたトラブルを防ぐためには、定期的なメンテナンスの他に、オーバーヒートの症状や原因にはどんなものがあるのかを知っておいて、できるだけ早く異常・トラブルに気付くことも大切になります。

車のエンジンの焼き付きについてー症状や原因・修理・費用などを解説!
ヘッドガスケット抜けについてー原因や症状・交換にかかる費用や工賃など

車がオーバーヒートする原因

オーバーヒートは、エンジンを冷ます冷却システムが正しく機能していないために、エンジンが異常に熱くなった状態のこと。

車がオーバーヒートを起こす原因は、

冷却システムの異常が原因
ウォーターポンプのベルトの不具合が原因
冷却水の漏れや不足が原因
冷却用ファンの作動不良が原因
サーモメーター・サーモスタットの不良が原因

などが考えられます。

エンジンを冷やす働きがトラブルを起こしている状態なので、エンジンを冷やす部品の異常や、冷却水の漏れによって起こるケースがほとんどです。

オーバーヒートの症状

水温計のメーターがHマーク近くを示す・Hマークを超える・Cマークを示す
アクセルを踏んでもスピードが出ない
アクセルを踏むとカリカリとノッキング音がする
キンキンと金属音がする
エンジンの回転数が不安定
ボンネットから煙(水蒸気)が出る
オイルが焼ける匂いがする
冷却水が漏れることで起こる甘い匂い
アクセルを踏んでいないとエンジンが停止してしまう
エンジンが停止して再始動できなくなる

ざっとこんな症状があります。

車を運転している途中で上記のような症状が出た場合は、車がオーバーヒートしている可能性が考えられます。

もしこんな症状を少しでも感じたら、すぐに車を停車しましょう。

オーバーヒートしたときの対処法

「もしかして車がオーバーヒートした?」

そう思ったら、エンジンを停止しましょう。

車のエンジンを停止

オーバーヒートを起こした状態でエンジンを回し続けると、エンジンが壊れてしまう危険があります。

冷却水が残っている場合は、エンジンをつけたままにしてエンジンを冷ますことができるかもしれませんが、
よくわからない場合は、エンジンを止めましょう。

あまりよくわからないまま冷却水がどれくらい残っているのかを調べようとすると、思わぬ怪我や事故に繋がる可能性があります。

車を安全な場所に停めてエンジン切り、熱を逃がすためにボンネットを開けてください。

ボンネットを開けるときは、エンジンが高熱になっているためやけどの危険があります。

やけどをしないように、十分に注意して開けてください。

できるなら冷却水の液量を確認

もし確認できるのなら、リザーバータンクの中の冷却水がどのくらい残っているかを確認してください。

LOWマークよりたくさん入っていれば液量には問題ありませんが、Hマークを超えていたり、吹き出した形跡があったりすると、ラジエーターキャップの異常やガスケットが破損していることが考えられます。

冷却水が十分に残っていれば、エンジンはつけたままにして、冷却システムを回しておきましょう。

あとは、JAFなどのロードサービスや保険会社に連絡して、オーバーヒートを起こしたことを伝え、対応してもらいましょう。

ちなみに、原因を特定できないままその場しのぎで色々対処しようとすると、自分も車も危険になってしまいます。

原因がよくわからない場合や、対処法がわからない場合は、安全なところに車を止めたら、すぐにプロに任せましょう。

オーバーヒートした車の修理費用

オーバーヒートの原因にもいろいろあるので、どこに原因があるのかで修理費用にも幅があります。

また、車の種類によっても変わってくるので、あくまで参考程度になりますが、

・冷却水(ラジエーター液)不足: 数千円
・ラジエーター交換:1〜6万円
・シリンダーヘッドガスケットの交換:4~6万円
・エンジン載せ替え:20万円〜

原因別の修理費用で、だいたいこのくらいかかります。

もし、これ以外の故障や破損が怒っている場合は、また違った修理費用になります。

オーバーヒートの原因や進行状況によっては、数十万円単位の修理費用になることもあります。

エンジンの載せ替えが必要なほどひどい場合は、車の使用年数や走行距離によっては、買い替えたほうが良いこともあります。

おすすめ記事:車を修理すべきか買い替えるべきか?後悔しない決断のために知っておくべき4つのポイント

車のオーバーヒートの予防は定期的な点検

オーバーヒートを防ぐためには、定期的な点検が大切です。

面倒だと思って、冷却水の定期的な補充をしていないと、間違いなくオーバーヒートを起こす危険性が高まります。

ほんの数十分の手間で、面倒なトラブルと高い修理費用を払うのが防げるのなら、やっておくべきです。

簡単な点検とメンテナンスだけでも、十分オーバーヒートの予防につながります。

オーバーヒートを起こさず車を長く使い続けるためには、定期的に冷却水の残量などを点検して、予防をこころがけましょう。

車、乗り替えるならかしこく売りませんか?

「今の車も長く乗って故障も増えてきたし、そろそろ乗り替えかな」
「子供も生まれるし、そろそろ普通自動車に乗り替えようかな」

新しい車に乗り替えるときって、だいたいディーラーに売ってしまいますよね。

それ、実は安く買取されてしまう可能性があります!

ディーラーは車を売ることが仕事で、車の買取を専門にしているわけではありません。

車をできるだけ高く売るなら、買取専門のところに売るのが一番!

カーセンサー.net簡単ネット査定を利用すれば、90秒で複数の車買取専門業者にあなたの車の価値を見てもらうための依頼ができます。

・ディーラーよりも高く売れるかも
・たった90秒でインターネットで査定依頼ができる
・わざわざ買取業者を探す手間が省ける
・複数の車買取業者の見積もりを比較できる

カーセンサー.net簡単ネット査定には、こんなメリットがあります。

もちろん、ディーラーの方が手軽に売れますが、売るならできるだけ高く売る方が、奥さんにも喜んでもらえるし、家計にとっても助かりますよね!

新しい車を買うための足しにするためにも、大切な車をかしこく高く売ってあげましょう!

車の修理・故障
kurumapをフォローする
くるまっぷ ー 車買取・一括査定・車の手続きなどについて詳しく解説

コメント