ヘッドガスケット抜けについてー原因や症状・交換にかかる費用や工賃など

車の修理・故障

これ、もしかしてヘッドガスケット抜け?

そう思っても、なんとなく大丈夫と思って放っておいていませんか?

それ、重大なエンジントラブルを起こすきっかけとなるかもしれません。

でも、今すぐ対処すれば、一大事を避けることが可能です。

ここでは、ヘッドガスケット抜けを見逃さず、できるだけ早くヘッドガスケット抜けに気がついて対処できるよう、ヘッドガスケット抜けについて解説していきます。

ヘッドガスケットって何?

headgasket

エンジンは大きく分けると、シリンダーブロックという部分と、シリンダーヘッドという部分の二つにに分けることができます。

ヘッドガスケット(シリンダーヘッドガスケット)とは、このシリンダーブロックとシリンダーヘッドの間にある部品で、シリンダーの中の気密性(密閉具合のこと、シール性)を保つための部品のことです。

ヘッドガスケットは、ガスエンジンオイル冷却水(クーラント液)などが漏れないように防ぐための役割を持っていて、車が安全に動くために欠かせないパーツの一つです。

ヘッドガスケットが抜けてしまうと、こうした役割を十分に果たせなくなって、エンジンブローの原因や、他の部品の破損につながってしまいます。

Photo credit: nmrmak via VisualHunt.com / CC BY

ヘッドガスケット抜けの症状

ヘッドガスケットが抜けている、もしくはヘッドガスケットに不具合があると、いろいろな症状が発生します。

マフラー(排気口)から白煙(水蒸気)がで出ている

冷却水がヘッドガスケット抜けによって密閉性が失われてエンジンに流れ込んでしまい、熱で蒸発してしまうことで発生します。

ヘッドガスケット抜け以外にも、オイル下がりなどが原因となっているケースもあります。

ラジエータキャップを開けてみると気泡がポコポコ出ている

ヘッドガスケットが抜けて気密性が弱くなると、ラジエーターにエアーが漏れてしまう可能性があります。

エアーが漏れてしまうことで、気泡がポコポコと発生します。

冷却水が減っている

車のエンジンを冷やすための冷却水の通り道に排気ガスが漏れてしまい、冷却水がガスの力で押し出されて、冷却水がラジエーターからリザーバータンクに吹き出してしまいます。

これが繰り返されることで、どんどん冷却水が減ってしまいます。

冷却水が黒く濁っている

排気ガスが漏れていると、冷却水は溢れ出すだけでなく、排気ガスのせいで黒く濁ったり、黒い粒が浮かんでいることがあります。

冷却水が溢れているだけでなく、冷却水が黒く濁っている場合は、ヘッドガスケットが抜けている可能性が高いです。

冷却水とオイルが混ざって白く濁る(カフェオレのような色)

ヘッドガスケット抜けが起こることで、冷却水が漏れてエンジンオイルに混ざって乳化しまった可能性が考えられます。

乳化したエンジンオイルが循環してしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。

ヘッドガスケット抜けの原因

Photo credit: byzantiumbooks on Visual Hunt / CC BY

ヘッドガスケット抜けは、

事故でヘッドガスケットが耐えられないほどの圧力が外からかかる
冷却水が減ったことで車がオーバーヒートを起こして、シリンダーヘッドに極端な歪みが起こる
長く乗り続けていることによる経年劣化

などが主な原因です。

事故でヘッドガスケット抜けが起こるケースが多いですが、それ以外だと走行距離の多い車(特に軽自動車)がヘッドガスケット抜けを起こしやすいです。

ヘッドガスケット抜けの対策は修理・交換

ヘッドガスケット抜けは、基本的に修理・交換が必要です。

ヘッドガスケットが抜けた状態で走り続けると、エンジンブローやコンロッドの破損など、色々なところに悪影響が出てしまう恐れがあります。

車のダメージを最小限に抑えるためには、気づいたら出来る限り早く確認・修理・交換をすることが大切です。

ヘッドガスケット交換にかかる工賃・費用

ヘッドガスケットの交換にかかる工賃や費用は、一般的には1~10万円程度かかります。

ヘッドガスケットの部品がだいたい数千円~2万円程度で、そこに数万円の工賃がかかってきます。

「意外と高い!自分でできない??」

と思った方は要注意です。

ヘッドガスケットは、車の中でも大切な役割をしている部品の一つなので、正しく交換できないと、最悪車が壊れて、買い替えることになってしまいます。

車が大好きで相当詳しく、いろいろ自分で修理したことがあるという人なら、自己責任で修理・交換をする選択肢もありますが、基本的にはプロに任せておくべきです。

知り合いに聞くか、インターネットや車の修理・整備工場の検索サイトで信頼できる修理・整備工場を探しましょう。

ヘッドガスケット抜けは定期的なメンテナンスで早期発見が大切

ヘッドガスケット抜けは、早期発見が大切です。

早く気付けば、他の部品にダメージが及ぶのを防げ、エンジンブローなどの重大なトラブル回避につながります。

そのためには、定期的な点検でヘッドガスケット抜けの症状が起こっていないかを確認することが必要です。

高い修理費用を払うのを避けるためにも、面倒ですが定期的な点検をこころがけましょう。

おすすめの車買取一括査定ランキングはこちら!

車、乗り替えるならかしこく売りませんか?

「今の車も長く乗って故障も増えてきたし、そろそろ乗り替えかな」
「子供も生まれるし、そろそろ普通自動車に乗り替えようかな」

新しい車に乗り替えるときって、だいたいディーラーに売ってしまいますよね。

それ、実は安く買取されてしまう可能性があります!

ディーラーは車を売ることが仕事で、車の買取を専門にしているわけではありません。

車をできるだけ高く売るなら、買取専門のところに売るのが一番!

カーセンサー.net簡単ネット査定を利用すれば、90秒で複数の車買取専門業者にあなたの車の価値を見てもらうための依頼ができます。

・ディーラーよりも高く売れるかも
・たった90秒でインターネットで査定依頼ができる
・わざわざ買取業者を探す手間が省ける
・複数の車買取業者の見積もりを比較できる

カーセンサー.net簡単ネット査定には、こんなメリットがあります。

もちろん、ディーラーの方が手軽に売れますが、売るならできるだけ高く売る方が、奥さんにも喜んでもらえるし、家計にとっても助かりますよね!

新しい車を買うための足しにするためにも、大切な車をかしこく高く売ってあげましょう!

車の修理・故障
kurumapをフォローする
くるまっぷ ー 車買取・一括査定・車の手続きなどについて詳しく解説

コメント