車の所有権解除の仕方について

車の手続き

ローンで車を購入すると、車検証の所有者の欄が、ローン会社やディーラーなどになっていることがあります。この状態のことを所有権留保といい、この所有者をあなたの名義に変更することを、所有権解除といいます。

この車の所有権、もし自分ではなくローン会社やディーラーになったままだと、廃車や売却をすることができないようになっています。そのため、売却や廃車にするときには、自分で所有権解除の手続きをすることが必要になります。

ここでは、所有権を元の所有者から自分に変更するための所有権解除の手続きの仕方について解説していきます。

ちなみに、ローン会社やディーラーから所有権解除をOKしてもらえるのは、原則はローンを完済している場合のみとなります。

所有権解除の手続きの仕方

所有権解除の手続きの流れとしては、

必要書類を準備
運輸支局等で手続き

という流れになっています。

必要書類の準備

ローン会社・ディーラーから必要書類をもらう

ローン会社・ディーラーからもらう書類としては、

譲渡証明書
委任状
印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)

があります。印鑑証明書は、発行から3ヶ月以内のものがないと手続きができないので、注意してください。

自分で用意する必要書類

実印
自分の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
車検証(自動車検査証)

こちらの印鑑証明書に関しても、発行から3ヶ月以内のものが必要となります。

運輸支局で用意する書類

申請書(OCRシート第一号様式)
手数料納付書

手続きにかかる手数料・費用

所有権解除にかかる手数料・費用としては、

登録手数料 約350円
申請書 約100円
合計 約450円

だいたいこのくらいの費用がかかります。基本的にはこの程度の費用になりますが、念のため、数千円ほど余裕を持ってお金を持っていきましょう。

所有権解除の手続きの流れ

申請用紙を購入

自分の住んでいる地域の管轄の運輸支局・自動車登録検査事務所に行き、申請書と印紙を購入し、必要事項を記入していきます。わからないところがあれば、窓口で教えてもらいながら記入していきましょう。

申請書を購入すると、自動車税申告書をおそらく受け取るので、こちらも合わせて記入してください。

申請書を提出

窓口で、記入した書類を含めて必要書類をすべて提出してください。申請書類等と自動車税申告書を提出する窓口は異なることがあるので、窓口で提出場所を確認して、間違えないようにしましょう。

書類に不備などがなければ、しばらく待っていると、新しい車検証を受け取ることができます。

所有権解除にかかる時間

手続きにかかる時間ですが、通常は数時間あれば終わりますが、2〜3月や年末など、混み合う時期に行くと、かなり時間がかかることもあるので、時間に余裕を持って手続きをしましょう。

また、所有権解除には書類の準備などに時間がかかるので、売却や廃車などを考えている場合は、スムーズにやり取りができるよう、早めに所有権解除しておきましょう。

車、乗り替えるならかしこく売りませんか?

「今の車も長く乗って故障も増えてきたし、そろそろ乗り替えかな」
「子供も生まれるし、そろそろ普通自動車に乗り替えようかな」

新しい車に乗り替えるときって、だいたいディーラーに売ってしまいますよね。

それ、実は安く買取されてしまう可能性があります!

ディーラーは車を売ることが仕事で、車の買取を専門にしているわけではありません。

車をできるだけ高く売るなら、買取専門のところに売るのが一番!

カーセンサー.net簡単ネット査定を利用すれば、90秒で複数の車買取専門業者にあなたの車の価値を見てもらうための依頼ができます。

・ディーラーよりも高く売れるかも
・たった90秒でインターネットで査定依頼ができる
・わざわざ買取業者を探す手間が省ける
・複数の車買取業者の見積もりを比較できる

カーセンサー.net簡単ネット査定には、こんなメリットがあります。

もちろん、ディーラーの方が手軽に売れますが、売るならできるだけ高く売る方が、奥さんにも喜んでもらえるし、家計にとっても助かりますよね!

新しい車を買うための足しにするためにも、大切な車をかしこく高く売ってあげましょう!

車の手続き
kurumapをフォローする
くるまっぷ ー 車買取・一括査定・車の手続きなどについて詳しく解説

コメント